ホワイトゴールドの秘密

ホワイトゴールドは、シルバーよりも手入れが楽で、プラチナよりも軽い着け心地が好まれています。

ですが、ホワイトゴールドも『金』

金は『金色』なのになぜホワイトゴールドは『銀色』なのか。

今回は『金色』を『銀色』にする方法についてご紹介します。

24金のホワイトゴールドは存在しない!?

以前のコラムでもご紹介したように、多くのジュエリーに使用される貴金属は、

耐久性や美しい色を出すことを目的に他の金属と混ぜられています。

24金はほぼ(化学的に純粋に100%のものは存在し得ないという見解からほぼとしています)100%金なので、寺院などの装飾品などによく用いられている濃い金色を思い浮かべていただければわかりやすいと思います。

銀色の24金と言うものは存在しません。金を加工してやっとホワイトゴールドになるのです。

では、ホワイトゴールドとはどうやって作られているのでしょうか。

例えば18金は75%が金で、残りの25%が他の金属です。

ピンクゴールドやローズゴールドと呼ばれる色はこの25%の中に銅を入れることで赤味を帯びた金色になります。

では、25%分銀色の金属を混ぜたら銀色の金属になるでしょうか?

絵の具を思い出してください。黄色と白を7:3の割合で混ぜても白にはならないはずです。

金属も同じこと。

実は18金のホワイトゴールドは薄い金色をしています。

そこにロジウムという銀色の金属をコーティングすることでやっと銀色に輝く金属になるのです。

この製法のホワイトゴールドは、ロジウムコーティングを剥いでしまうような手入れ(研磨剤入りのクロスで強く磨く等)は避けないといけません。

また、傷がつくと元の薄い金色が見えてしまうこともあります。(とは言っても光を反射して輝いている金属なので、一見してわかるほど金色ではありませんが)

スーパーホワイトとは?

『スーパーホワイトゴールド』と呼ばれるホワイトゴールドがあります。

これは何も「銀色」が「とても銀色」な訳ではありません。一見すれば、ロジウムコーティングのホワイトゴールドとほぼ同じ色です。

既に「75%の金に25%の銀色の金属を出しても銀色にはならない」と述べました。

ですが、絵の具とは違い、金属は化学反応を起こす物質です。

金に混ぜる金属の中に「パラジウム」という金属を入れると、化学反応により黄色味が消え、完全な銀色の金属に仕上がることが発見されました。

コーティングをせずとも銀色、傷がついても銀色という上記のネガティブ要素を払拭した金属、

そのホワイトゴールドこそが「スーパーホワイト」➖つまり「パラジウムで割ったホワイトゴールド」なのです。

ホワイトゴールドを買うときに注意したいこと

実はパラジウムという金属は、希少で時にプラチナよりも高価で取引される事もある金属です。

そのため、どうしてもスーパーホワイトゴールドは、ロジウムコーティングのホワイトゴールドやイエロー・ピンクゴールドに比べて販売価格が高くなってしまいますし、生産量も少なくなってしまいます。

だから今でも、ロジウムでコーティングしたホワイトゴールドと、スーパーホワイトの2種類が流通しているのです。

購入する側としては、それぞれにメリットとデメリットがあり、購入する際にはどちらのホワイトゴールドなのかを知っておくことが大切です。

コーティングの方が一般的で、商品の種類も多く、値段も買いやすいですが、永遠に銀色をキープ出来るものではありません。

ですので、私たちは当店でお客様の物を作る場合、結婚指輪のようにずっと身につける物は費用を少し足してでもスーパーホワイトをお勧めしますし、

カジュアル使いであれば予算次第、考え方次第でコーティングの方でいいとご説明させていただきます。

今欲しいホワイトゴールドはどちらのホワイトゴールドでしょうか。

購入時に判断基準の1つとして考えていただければ幸いです。

宝石の留め方について

宝石の留め方・ストーンセッティングは、宝石を最大限に美しく魅せ、ジュエリーのデザイン性を高める大切な要素です。

宝石がセットされる時には、肌に触れない高さまでの枠を製作し、宝石の輪郭の少し上部に地金を被せて固定するのが、おおまかな原理です。

その被せ方はデザインに大きく関わりますが、見た目だけでなく、宝石の特性や形状、光取りの観点からも考慮することで、耐久性や身に付けた時の美しさが高まります。

上記の画像のような爪留めでのセッティングは光も多く取り込み、宝石を隠してしまう部分が少ないので宝石を大きく見せてくれます。

その代わり糸やニット素材の洋服などに爪が引っかかってしまう事もあります。

上記のようなフクリン留でのセッティングは、爪がない分モダンでリングのスタイルに溶け混むデザインにできるので、洋服などの引っかかりを気にせず一体感を楽しむ事ができます。

その代わり光取りが不十分になってしまったり、宝石に金属が被っている面積が多いので、宝石自体を小さく見せてしまう事があります。

彫り留めでのセッティングは中石のアクセントで使われたり、全体に小さい宝石をセッティングする時に使われる留め方です。

地金本体に宝石をはめ込む下穴を空けて、そのサイドの地金を彫り起こして留めるので、引っかかりが全くなく、一粒でアクセントにしたり、全体を宝石で埋め尽くして豪華に仕上げれます。その代わり少し歪んだり曲がったりすると宝石が外れてしまう事もあります。

宝石のセッティングスタイルを選ばれる時に、何を最重要として求められるかを考えてみてください。

デザイン性重視で選ばれるのも1つですし、機能性や耐久性を重視してしっかりした構造のを選ばれるのも1つです。

セッティングを見ることは宝石が本物かどうかを見分けるポイント!

近年は宝石ではなく、ラインストーンなどのキラキラした素材(ミラー効果のあるフィルムを裏側に貼ったガラスやプラスチック)を接着剤で貼り付けて固定したアクセサリーも多く販売されています。

この種類の物は、豪華なデザインでも宝石に比べて重量が軽く、華やかに仕上がるため、必ずしも安価で販売されているとは限りません。

しかし、ストーンがすぐ外れたり、輝きが曇ってきたり、アフターケアや修理ができない物が多いので、長期間着けるのには向かない事もあります。

私たちは宝石とガラスやプラスチックを見分ける方法の1つとして、セッティングを見ることがあります。

宝石を接着剤で貼り付けるということはほとんどないため、輪郭の上に金属が被っているかどうかを確認するとそのストーンが宝石なのかどうかを判断する材料の1つになります。

金属がストーンを挟みこむような構造なら宝石の可能性が高く、

金属の上にストーンが置いてあるだけに見えるなら接着剤を使用している、つまり宝石ではない可能性が高いということです。

購入者としては、長期間使える物かの判断材料になると思いますので、目を凝らして見てみて下さい。